風俗はお腹がすく

パイパンで微乳とは…

パイパン、そして微乳。この組み合わせはある意味では危険なのかもしれません(笑)Rさんという風俗嬢がそうだったんです。彼女は外見はクールビューティーな雰囲気だったんですけど微乳であり、パイパンでもありました。だから顔を視界に入れないで肌かだけを見るとあどけないと言うか、年齢を感じさせないと言うか、ある意味でこれは危ない趣味だなとも思いましたけど、逆に言えばそういった趣味がある人にとってはパイパン微乳風俗嬢と言うジャンルは何気に面白いものになるんじゃないのかなとも思いました(笑)感度が良いからどんどん濡れて行くんですけど、パイパンだから遮るものがないじゃないですか。相手がどのような状況になっているのかが良く見えるので興奮だって高まってくるんですよ。それが逆にいろいろな気持ちにさせられるというか、他では味わうことが出来ない感動があったんじゃないのかなって思いましたし、その点で自分もいろいろと楽しみたいなって。

不可解なことの後には風俗です

仕事をしていれば不可解だなって思うことなんていくらでもあるじゃないですか。そんな時、ストレスになったりフラストレーションになったり。それを繰り返して誰もが大人になっていくと思うんですけど、ただそれらの気持ちを体の中に溜め込んでいるとしてもあまり良いものじゃないですよね。だからこそ、風俗で遊ぶんですよ(笑)性的な満足をもたらしてくれるのが風俗ですけど、でもそれだけじゃないですよね。むしろ自分としては性的な満足こそおまけで、女の子との楽しい時間を過ごせることによって、フラストレーションを一気に解消したり、リフレッシュにもなるなって。そんなメリットが潜んでいるだけに、風俗の存在価値は自分の中で相当大きな物になっています。ああいった時間を過ごせるということが、自分にとってはありがたいのもありますし、心の拠り所というか、いざとなれば風俗に駆け込めば良いだろうという安心感にもつながっていますので、とっても大切なんです。

存在感は確かなものだった

相手の存在感というのは風俗で遊ぶ際にもとても重要と言うか何気にかなり大切なことなんじゃないのかなと思っています。それだけに、風俗で遊ぶのであればそういった相性というか、いろんなことを考慮しなければならないなって思いはあるんですよね。だからこそ、風俗って自分の中では大きな存在になっていますけどこの前遊んだCちゃんの存在感はいろいろな意味でとても大きな物でした。自分自身、あれだけの存在感ってなかなか感じないというか、とっても素晴らしいなって思ったのは彼女は初対面でも全然人見知りしないどころか、こちらに対してどのようなことが良いのかなど、いろいろと聞いてくれたところですよね。あれはやっぱり嬉しいものじゃないですか。聞いてくれた方がこっちだって答えやすいですし、答えることによって相手が自分のことを理解してくれるのも間違いないことなんです。だからか、その日の満足度は自分の中でも想像以上のものがあったのかなって。